レクサス、高出力燃料電池車を市販へ…2020年ごろ

これは2月18日、レクサスが明らかにしたもの。「2020年ごろ、レクサスは高出力な燃料電池量産車を発売する」と公表している。

脳をだませるほどの人工太陽光をLEDで作ることを可能にした「CoeLux」

人間の脳やカメラをだませるほどの完成度の「人工太陽光」を作りだすことに、イタリアの企業CoeLuxが成功しました。科学者たちの技術を結集させることで、外界から遮断された場所であっても、まるで自然光が入

Building Shade: Time to Flex Your Creative Muscles With Performance Fabrics

Architizer is excited to partner with Sunbrella® for the fourth annual FUTURE OF SHADE COMPETITION, which is d [continue…]

最前線にいる研究者が語る、AI開発を取り巻く世界と日本の動き

 コンピュータの計算能力が飛躍的に向上し、100億人分の知能を持つAI(人工知能)が誕生するといわれるシンギュラリティ(技術的特異点)をテーマに、「シンギュラリティサロン」の公開講演会がグランフロント大阪・

Tokyo students develop architectural 3D-printing pen

The constructions – described by the team as “large-scale hand-drawn structures” – are formed when [continue…]

制作過程:アルゴリズム→かたち→ペイスティング

3月26日からタカシソメミヤギャラリーで始まる個展に出す作品の制作過程を一部ご紹介します。前回の記事で紹介したように、今回の展示ではプログラミングを使って「かたち」を作りだし、それを様々な表現方法によって

日本から世界初のロボットが農業を行う「自動野菜工場」が誕生へ

高齢化社会の日本で農業の労働力不足を補うアプローチとして、人間の代わりにロボットが農作業を行って野菜を育てる工場が、京都府亀岡に登場する予定です。

Nujabes6周忌追悼イベントに先駆け限定音源が公開

Nujabesの6周忌追悼イベント・ツアーに先駆け、DJ Ryow a.k.a. Smooth Currentによるトリビュート・ミックスが、本日2月19日(金)より彼の命日である2月26日(金)まで、Hydeout P [continue…]

脳波入力で凡才ドラマーに「手数」をプラス。追加装着型ロボットアームの手腕はいかほど?

ジョージア工科大学はこれまで、ドラマーのインプロヴィゼーションを再現する技術開発に力を入れてきました。このロボティックアームはドラマーの肩に取り付けられ、ドラマーが着用するヘッドバンドから読み取った

サムスン、小型360度カメラGear 360を発表。Facebookのザッカーバーグ氏も登壇

サムスンはバルセロナで開催された新製品発表会にて、新型のフラッグシップモデルGalaxy S7/Galaxy S7 Edgeを発表しました。

技術の進歩から見る服飾史、メトロポリタン美術館特別展の一部が公開

 NYのメトロポリタン美術館コスチュームインスティテュートが主催する特別展「Manus x Machina: Fashion in an Age of Technology(=手仕事×機械:テクノロジー時代のファッション [continue…]

世界初、脳手術に3Dグラス活用し成功 フランス

【2月17日 AFP】バーチャルリアリティー(仮想現実、VR)を体験できる3Dグラスを患者に装着させ、意識を保たせたまま、がん性腫瘍を切除する手術にフランスのアンジェ大学病院(CHU Angers)がこのほど成功した。3 [continue…]

Chromatic-aberration-corrected diffractive lenses for ultra-broadband focusing

We exploit the inherent dispersion in diffractive optics to demonstrate planar chromatic-aberration-corrected [continue…]

目に見えないはずの“脳波”を、ビジュアル化してスクリーンに表示する「MyndGazer」

私たち人間の生理作用や機能をコントロールする脳は、非常に深遠な存在である。

世界最小の建築家たちによる謎に満ち溢れたトキメキの建造物6タイプ(※昆虫注意)

 長く突き出た毛は、蛹の準備が整った暁には檻の素材になる。  檻は四角い格子を描く。1本の毛だけでは長さが足りないため、末端をつなぎ合わせて使用する。

DARPA、能力を補い拡張する「脳-コンピューターインターフェース」の開発を発表。人は4K視力やハイレゾ聴力を得られるか

  米国防高等研究計画局(DARPA)が、人と機械との間で高速通信する「脳-機械インターフェース(BMI)」デバイスの構想を発表しました。脳に埋め込むインプラント型デバイスで、人間とコンピューター間の情報のやり取り

ディープラーニングで森の中を迷わずに自律飛行できる遭難救助ドローン

森や山を自律飛行できるロボットの開発において、従来の研究では道自体を区別できる技術に焦点が当てられていました。そんな画像特徴や外観対比による経路の分別はロボットの自律走行技術として不適当である

金属なのか粘土なのか。コンクリートのミクロの性質が今やっと判明

現代の都市は、あらゆる場所がコンクリートに覆われています。でもコンクリートがどういう構造で固まるのか、細かいところまではわかってなかったんです。

「遺伝的アルゴリズム」がどのような仕組みなのかが2分でわかるムービー

複数の個体の中から、適応度の高い個体を優先的に選んで組み換え・突然変異などを繰り返し、解を探索していく「遺伝的アルゴリズム」がどういう仕組みなのか、2分で説明したムービーがYouTubeで公開されています。

今まで未解明だった「音楽」が脳で処理されるメカニズムが明らかに

「音楽を聴く」という行為を物理的に見ると、空気の振動が鼓膜を震わせることで生じた電気信号を脳が感知して音を感じる、ということになりますが、なぜ人間は音を「音楽」として認知し、さらには心地の良い