EaR RECTURE #01 水野祐

EaR RECTURE #01 水野祐
“Recreation + Lecture = RECTURE”

EaR RECTUREはnoiz EaRの活動の一環として開催されるレクチャーシリーズです。
隔月でEaRが興味を持っている様々な分野のスペシャリストの方々をゲストにお招きして、建築/テクノロジー/デザインやその周辺のトピックについての最新の知見をレクチャーしていただきます。
第一回は様々なアーティストやデザイナーを法的観点からサポートしている弁護士の水野祐氏です。
今回は、建築を中心にコンピュテーショナルデザインにまつわる法的なトピックについてざっくばらんにお話しいただく予定です。
2016年1月21日(木) Impact HUB Tokyoで開催します。是非ご参加ください。
詳細は以下のリンクをご覧ください。
http://noizear.com/recture/

[参加フォーム]
◻レクチャラー
水野祐
弁護士。シティライツ法律事務所代表。ArtsandLaw 代表理事。Creative Commons Japan 理事。慶應義塾大学 SFC 研究所所員。その他、FabLab Japan Network などにも所属。著作に『クリエイターのための渡世術』(共著)、『オープン デザイン参加と共創からはじまるつくりかたの未来』(共同翻訳・執筆)、連載に『法 のデザイン インターネット社会における契約、アーキテクチャの設計と協働』(Business Law Journal)などがある。
Twitter : @TasukuMizuno
Web : http://citylights-lawoffice.tumblr.com

 

RECTURE-01-Mizuno